メニュー

多発性硬化症

症状

その名の通り、中枢神経系(脳・脊髄)のいろんな場所の神経線維に「脱髄」という障害を起こす病気です。時間的・空間的に病変が多発するのが特徴で、いろいろな症状がいろいろな場所に繰り返し出現します。このため症状は非常に多彩です。原因としては免疫系の異常が考えられています。

診断・検査

神経学的診察とともに病歴が重要です。時間的・空間的な病変の多発性を証明し、他の疾患を否定することで診断が確定しますが、初発の場合には診断が困難なことも多くあります。脳・脊髄MRIで脱髄病巣があれば診断に有用です。髄液検査にて炎症の活動性を調べたり、他疾患の除外のために血液検査を行います。近隣の医療機関(日赤医療センター、虎の門病院、済生会中央病院、国際医療福祉大三田病院など)と連携して進めます。

治療

近年、新しい自己抗体(抗アクアポリン4(AQP-4)抗体)が発見され、今まで多発性硬化症に含まれていた中から、視神経脊髄炎(NMO)という一群を分けて考えるようになっており、治療法も異なります。

急性期の治療

 症状が出現した直後には副腎皮質ホルモン(ステロイド)の点滴治療を行います。また、血液浄化療法などを行うことがあります。急性期が過ぎると残存した症状に応じてリハビリテーションなどを行います。

再発予防

 多発性硬化症の再発予防には、インターフェロンβの自己注射薬が使われます。最近、別の種類の内服薬(ジレニア/イムセラ)が認可され、新薬の開発も進んでいます。一方、視神経脊髄炎の場合にはインターフェロンβは使用せず、経口ステロイド薬や免疫抑制薬によって治療を行います。

診断、治療ともデリケートで難しい病気です。神経内科専門医を受診してください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME