メニュー

脳血管障害(脳梗塞、脳出血)

症状

いわゆる脳卒中ですが、脳の血管が詰まること(脳梗塞)と破れること(脳出血)により脳の機能が障害される病気です。症状は色々ですが、急に起こることが多く、手足に力が入らない、感覚が麻痺する、言葉がうまく話せない、ひどくなると意識がなくなったりします。

診断・検査

神経学的診察に加えて、頭部MRI/CTなどの画像検査が重要になります。近隣の医療機関(日赤医療センター、虎の門病院、済生会中央病院、国際医療福祉大三田病院など)と連携して進めます。

治療

迅速な治療が大切で、後遺症が少なくてすみます。内服、注射による治療などが有りますが、急に進む症状の場合は、とにかく早く病院を受診してください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME