メニュー

頭痛

症状

頭痛の経験の無い方は居ないくらいだと思いますが、治療を要しないものがほとんどかと思います。

急にこれまで経験がないひどい頭痛や、突発して短時間でピークに達するような急性の頭痛、熱がある、手足の麻痺やしびれを伴うような場合には重篤な病気が隠れている場合があります。至急、神経内科を受診して正確な診断を受けて下さい。

今までも何回か同じような頭痛を繰り返している場合は、慢性頭痛で生命の危険はないことがほとんどです。ただし、頭痛がだんだんと悪化してくるような場合には脳腫瘍や慢性硬膜下血腫などの可能性もありますので、やはり一度神経内科を受診されるのがよいでしょう。種類としては、偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などがあります。

診断・検査

神経学的診察とともに頭部MRI/CTが重要です。他の疾患との鑑別(区別)のために、血液検査や必要に応じて髄液検査を行います。近隣の医療機関(日赤医療センター、虎の門病院、済生会中央病院、国際医療福祉大三田病院など)と連携して進めます。

治療

慢性頭痛症の中には難治性のものもあり、患者さんの生活の質を落とす要因となっています。内服薬、点鼻、注射など様々な種類の薬が開発されています。これらの治療法を駆使して、頭痛による日常生活・仕事・家事・学業などへの悪影響を最小限にいたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME