メニュー

認知症/物忘れ

症状

年をとってくると誰でも物忘れはするものですが、人より多い、日常生活に支障が出る、などの場合は受診をお勧めします。認知症とは、脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が低下し、社会生活に支障をきたすようになった状態のことで、原因として有名なのはアルツハイマー病です。認知症になる病気はそのほかにもたくさんありますが、神経学的診察などで原因を見つけて、治療をすることが大切で、特に「治療可能な他の病気」を見逃さないことが重要です。

診断・検査

神経学的診察、高次機能検査に加え、他の疾患との鑑別(区別)のために、血液検査、頭部MRI/CTなどを行います。髄液検査なども必要な場合があります。近隣の医療機関(日赤医療センター、虎の門病院、済生会中央病院、国際医療福祉大三田病院など)と連携して進めます。

治療

  1. アルツハイマー病、レビー小体病などの変性疾患
  2. 脳血管障害(脳血管性認知症)これらは日常生活を改善させるような生活指導や、飲み薬による治療などが、患者さんごとに違うので、詳細な診察とケアが必要です。
  3. 甲状腺機能低下症やビタミン欠乏症などの代謝性疾患
    ホルモン剤やビタミンなどの補充で改善することがあります。
  4. 正常圧水頭症や慢性硬膜下血腫など外科的治療が有効なものなどです。
    これらは代表的な「治る」認知症です。パーキンソン病やアルツハイマー病とよく間違われて治療されていることがありますが、外科的治療によって改善することが多くあります。
アルツハイマー病について

1907年にAlois Alzheimerが病理報告をした際に、斑状の構造物(老人斑)と神経細胞内の紐状の構造(神経原線維変化)をアルツハイマー病の特徴的病理所見として記載しました。老人斑は、細胞外へのアミロイドの蓄積が主であり、1980年代になってアミロイドβ蛋白質(Aβ)として同定されました。神経原線維変化は、paired helical filament (PHF)からなるもので、井原らによりタウ蛋白質であると同定されています。これら二つの脳病変のどちらがアルツハイマー病発症に本質的な影響を与えているのかについては、様々な議論があったのですが、Mannらによるダウン症候群の経時的な検討により、アミロイドβ蛋白質がアルツハイマー病のより上流の変化であると考えられています。
アルツハイマー病は、ゆっくりと年単位で症状が進行していきますが、認知機能低下の症状が現れる何十年も前から、脳の中では変化が起こっていると考えられています。残念ながら現在、アルツハイマー病の根本的な治療はなく、症状をやわらげる薬剤としてアセチルコリンエステラーゼ阻害薬(国内3種類)とNMDA受容体阻害薬が使用されています。よく似た作用機序なのですが、患者さん毎に使い方にやや“コツ”が必要ですので、それぞれ最適な治療を選んでいきます。すぐには使えませんが、根本的な治療を目指して、抗アミロイドベータ免疫療法や抗タウ免疫療法などが開発中です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME